みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

ちゃんぽんコラムのカテゴリー一覧

2018/01/08

ちゃんぽんコラム第538号【睦月長崎ネイチャー歳時記】

 長崎の三箇日は天候にめぐまれ、神社仏閣は初詣での人々でにぎわいました。大晦日から元旦にかけての夜空には、新年を寿ぐような丸いお月さま。神社の境内で行列をなす人々を月光がやさしく包んでいました。この日が満月かと思いきや、 […]

2017/12/26

ちゃんぽんコラム第537号【歴史的な〝いま〟をご一緒に】

 ふりかえれば、あの頃が時代の転換期だった、と誰もが思う、それが、たぶんいまなのでしょう。世界も、日本も、そして長崎という小さなまちも、大きな時代のうねりの真っ只中。そんなときだからこそ、日々のささやかな暮らしを楽しみ、 […]

2017/12/12

ちゃんぽんコラム第536号【滋養たっぷりの汁もので温まろう】

 ナンキンハゼの落ち葉をサクサクと踏みながら歩く長崎のまち。前回、ご紹介した光永寺(長崎市桶屋町)のイチョウもすっかり葉を落としましたが、幹と枝だけの姿も古木の風格が漂って美しい。今年は紅葉にとってちょうどいい気温が続い […]

2017/11/23

第535号【黄金色に染まる晩秋】

  北国では早くも積雪。西日本の各地からは初雪のニュースが次々に聞かれるようになりました。長崎の初雪は平年だと12月中旬。しかし、このところの急な冷え込みからすると、今年の初雪はもっと早くなりそう…。晩秋がかけ足で過ぎて […]

2017/11/08

第534号 【現代と江戸時代をつなぐ出島表門橋】

 秋の行楽シーズンたけなわ。路面電車が走る長崎のまちでは、観光客の方々や修学旅行生が笑顔で行き交う姿が目立ちます。そんな賑わいから少し離れて、山里の風情が残る鳴滝へ足を運ぶと、木立ダリアが長い茎の先にうすむらさきの花をつ […]

2017/10/24

第533号【茶処・東彼杵町のおいしいもの】

台風21号の被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。お茶の日本一を受賞した「そのぎ茶」 暦を見ると、2週間後は立冬。刻々と深まる季節のなか、体は冬ごもりの準備がはじまっているのか、食欲は増すばかり。所用で出かけた […]

2017/10/09

第532号 【秋、大切なものを探して】

 10月の長崎は華やかでうれしい催しが続いています。新地中華街で行われた「中秋節」(9月30日〜10月4日)では今年も黄色の灯ろうが飾られ、龍踊りや中国獅子舞などでにぎわいました。「中秋節」はアットホームな雰囲気を楽しめ […]

2017/09/27

第531号【秋の風景とむかし話〜横向地蔵〜】

 秋彼岸のときに合わせ、毎年きちんと咲いてくるヒガンバナ。その正確さには感心させられるばかりです。先週土曜日は秋分の日で彼岸の中日でした。長崎市の寺町界隈へ出向くと、お墓参りに訪れた人々を見守るようにヒガンバナがやさしく […]