みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

2016/11/08

第510号【西海キリシタンゆかりの地を訪ねて】

 「北海道の各地では積雪…」というニュース映像が流れていましたが、九州では小春日和が続き日中は20度を超える日もあります。そんな晴天に恵まれた先週末、「長崎日本ポルトガル協会」が主催するバスツアー「西海キリシタン史跡めぐ […]

2017/06/14

第524号【6月長崎ネイチャー歳時記】

 6月1日、長崎くんちの始まりを告げる「小屋入り」が行われました。「小屋入り」とは、その年の踊町(おどりちょう)の世話役や出演者たちが揃って諏訪神社と八坂神社で清祓いを受け、くんちの無事達成を祈願するもの。この日から、そ […]

2015/02/09

長崎開港物語 第25回 平戸にみる西洋料理(其の一)

 平戸の領主は松浦氏である。平戸の開港は長崎の開港より古く、ポルトガル船の初めての入港も長崎開港より20年も前の1550年であった。そしてこの年、フランシスコ・ザビエルも平戸に到着しキリシタンの布教を開始している。そして […]

2015/02/09

長崎開港物語 第23回 パン物語(二)

一、 オランダ商館・長崎出島に移転のこと  長崎の港内・長崎奉行所下(当時の奉行所は現在の長崎県庁本館の地にあった)の海岸を埋め出島の地が完成したのは寛永13年5月(1636)で、その面積は3,969坪(約13ヘクタール […]

2015/02/12

長崎開港物語 第29回 長崎料理ここに始まる。(一)

はじめに  江戸の酒落本にテンプラの事を次のように説明している。(山東京山説・蜘蛛の糸巻)  昔、天竺の浪人、ぶらりと来りて作り始めたる料理をテンフラと言う。たしかに、テンプラは天竺南蛮(ポルトガル)より我が長崎に伝えら […]

2016/03/01

お客様の声

アンケートハガキにお寄せいただいたお客様の声をご紹介します。   皿うどんを、なかなか食べる機会に恵まれず、思わぬ方から頂いた時には大喜びしました。 孫や娘たちとワイワイにぎやかな食卓でおいしくたべさせて頂きま […]

2015/10/02

お客様の声

アンケートハガキにお寄せいただいたお客様の声をご紹介します。   父と母からのお土産でもらったものです。 私の夫は母親が長崎の出身で、小さい頃はよくちゃんぽんをお店で食べていたそうです。 この商品を食べて「なつ […]

2015/11/02

お客様の声

アンケートハガキにお寄せいただいたお客様の声をご紹介します。 主人が出張先で買ってきてくれました。 私が、ちゃんぽん好きなのを知っての事です。 さっそく頂きました。とてもおいしかったです。 やはり、イカやエビの魚介類を入 […]