みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

2015/02/12

長崎開港物語 第39回 長崎料理ここに始まる。(十一)

一、はじめに  前回に引き続き長崎県下の特色ある食文化を取りあげ書かせて戴くことにした。県内各地の食文化は、先輩方の論考のようにそれぞれの食文化の変遷と地方史の変遷は大いに関係がある。大村地方を支配してきた大村市の歴史と […]

2015/07/24

ちゃんぽんコラム第479号【夏休みは長崎へ。世界遺産を見て、恐竜の夢も見よう!】

 7月5日夜、ドイツ・ボン市から「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録決定という、うれしい知らせが届きました。その昔、近代化の名のもとに、サムライの国から世界屈指の工業国へと変貌した日本。「奇跡」ともいわれるその成 […]

2015/01/28

長崎開港物語 第4回 西洋料理編(二)

1.横浜の西洋料理:横浜初、洋風建築の西洋料理店。それは、長崎人によって始められた。    横浜沿革誌を読むと次のように記してある。 『明治二年八月、横浜姿見町三丁目に谷蔵なるものが西洋割烹を開業。当時は外国人 […]

2017/04/25

第521号【初夏の陽気に包まれた長崎】

 桜前線がようやく北海道に上陸。一方、長崎はすっかり初夏の装いで、山々は新緑に覆われています。ゴールデンウィークに先駆けて、港では「長崎帆船まつり」が行われ、大勢の人出で賑わいました。青空の下、停泊する帆船の姿はとても優 […]

2015/06/24

ちゃんぽんコラム第477号【オランダ船が運んだアーティチョーク】

 梅雨寒が続いて、風邪をひいている人もちらほら。季節に応じた食事でみだれがちな体調を整えたいものです。この時季、薬膳の献立では、臓腑のはたらきを高める食材(いんげん豆、干ししいたけ、きゃべつ、カリフラワー、じゃがいも、か […]

2015/03/06

長崎開港物語 第43回 長崎料理ここに始まる。(十五)

はじめに  私が初めて「食の文化史」らしき論考を書くようになったのは、昭和三十年二月(一九九三)国際文化都市建設法の施行により長崎市平野町に長崎国際文化会館が新設され其の三・四階に新たに長崎市立博物館が再開、私が同館の研 […]

2015/02/06

長崎開港物語 第16回 阿蘭陀料理編(一)

1.幕末から明治初期の洋食:最初のパスティに始まり、ペール(梨)コムポットまで13種  私は前号で紹介した東北大学狩野文庫所蔵の「阿蘭陀料理煮法」と「阿蘭陀料理献立」を参考にしながら幕末より明治初期の洋食を今回は述べてみ […]

2015/05/13

ちゃんぽんコラム第474号【五月、肥前の花々】

 ゴールデンウィーク中に桜前線が全国横断を終えたというニュースがありました。九州・長崎ではすでにツツジやアヤメ、カキツバタなどが花期の終盤を迎えています。一つひとつの花の季節の短さを嘆く間もないくらいにめまぐるしく変化す […]