みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

2016/02/10

第492号【雪景色から一転、極彩色の長崎ランタンフェスティバルへ!】

 1月下旬、九州各地で記録的な寒波が訪れた日、大雪に見舞われた長崎市は、観測史上最高の17センチの積雪を記録。交通がマヒし、水道管も凍結するなど生活に影響がありました。被害に合われた方々には心からお見舞い申し上げます。慣 […]

2016/02/23

第493号【桃カステラ、寿桃、マーラカオ!】

三寒四温。日によって大きく揺れる気温差にひとの体はとまどいがち。スズメやイソヒヨドリ、ムクドリなど、日差しのなかで遊ぶ中島川の鳥たちも、まだまだ体をふくらませて防寒体制。甲高くチィー、チィーとさえずっているのはメジロでし […]

2015/02/06

長崎開港物語 第12回 長崎料理編(三)

1.足立敬亭と長崎料理:現在も原稿そのままに残る敬亭が編集した「鎖国時代の長崎料理」    敬亭は号で本名は清三郎といい長崎市榎津町の素封家海老屋別家足立家に安政4年(1857)2月22日に生まれている。 敬亭 […]

2015/08/28

ちゃんぽんコラム第481号【かんざらしとともに夏を振り返る】

残暑お見舞い申し上げます。子どもたちの夏休みもあと数日でおわり。朝晩は風や日差しに次の季節の気配が感じられるようになりました。それでも日中はまだまだ厳しい暑さ。この夏を振り返りながら、冷たい甘味でひと息入れましょう。 8 […]

2017/08/08

第528号【長崎半島先端・野母崎町の浜辺散策】

 8月9日は、72回目の長崎・原爆の日。人類が同じあやまちをくりかえさないことを願いたい。おおきな犠牲をはらって、いまの平和な暮らしがあることをあらためて心に刻みたいと思います。   さて、今回は、夏休み中の子どもたちと […]

2016/08/10

第504号【美しい長崎の眺望。稲佐山と鍋冠山】

 残暑お見舞い申し上げます。日中、厳しい暑さではありますが、夜ベランダに出て虫の声を聞くと、かすかに秋の気配が感じられます。夜風に揺れる風鈴の音色に、心もからだもクールダウン。平和な夏の夜です。昨日8月9日は長崎原爆の日 […]

2015/02/06

長崎開港物語 第18回 長崎食文化の夜明け

1.長崎食文化の夜明け:長崎人が最初に口にした南蛮の味は、ホスチヤ(初期のパン)と葡萄酒  我が国ではポルトガル、スペインより来航する船を南蛮船といい、オランダ、イギリスより来航する船を紅毛船又はオランダ船といった。 住 […]

2016/05/11

第498号【大きなクスノキをめぐる】

 長崎港を囲む山々は青葉若葉におおわれて、すっかり初夏の装い。なかでも目を引くのが黄緑色のみずみずしい葉を茂らせたクスノキです。この時期は小さな白い花がたくさん付くので、若葉がますます輝いて見えます。あらためて長崎にはク […]